オールインワンジェル比較

失敗しないオールインワンジェル選び!

時短スキンケアアイテムとしてはもうお馴染みでおすすめのオールインワンジェル

 

 

「あなたはなにでオールインワンジェルを選んでいますか?」

  • コスパ?
  • 成分を比較?
  • ブランド?
  • 口コミ?
  • テクスチャ?

 

さまざまな比較ポイントがあると思いますが、
私はかつて価格が高いオールインワンジェルが良いはずだと思っていました…。

 

いきなりですがオールインワンジェル比較実験です。

 

オールインワンジェルの保湿力比較実験

商品によってその保湿力がどの様に違うのか、ちょっと比較実験してみました。
この画像を見てください。

 

 

お餅に違うメーカーのオールインワンジェルを塗ってその保湿力の違いを比較してみました。
オールインワンジェルを塗ってから3時間後に撮影した写真です。

 

左から

@
何も塗っていない

A
オールインワンジェル商品A:
<定価>約1,200円
<主成分>ヒアルロン酸

B
オールインワンジェル商品B:
<定価>約1,900円
<主成分>セラミド

C
オールインワンジェル商品C:
<定価>約4,500円
<主成分>コラーゲン

*定価は目安1ヶ月分あたりで記載しています。

 

オールインワンジェル塗布3時間後の比較結果です。

 

まず、@オールインワンジェルを塗ってないお餅は、
当然ですが乾燥してパッキパキですね。

 

A商品Aを塗ったものは、
比較的に保湿が出来ているようでお餅はひび割れていませんが、塗ったオールインワンジェルはほぼ乾いています。

 

B商品Bを塗ったものは、
他と比較しても圧倒的、しっかり保湿が出来ている様子でひび割れておらず、オールインワンジェル自体も乾かず表面に残っています。

 

C商品Cを塗ったものは、
すっかり乾いてかなりひび割れ、オールインワンジェルを塗ってない一番左のお餅と比較してもあまり大差ありません!

 

 

ちょっとこの比較結果にはびっくりすると共に…ショックでした。
一番価格が高いCオールインワンジェル商品Cが当然一番保湿力が高いのだろうと想定してたのが、逆に何も塗ってないのとほぼ変わらないなんて・・・。

 

商品価格と品質はオールインワンジェルでは必ずしも比例しないのです。
あれ?
もしかしてC商品Cのオールインワンジェルは保湿以外の部分がウリなのかな?
と思い直してみましたが、ホームページを見直すとやっぱり乾燥対策がウリでした。。

 

 

オールインワンジェルの場合、商品選びの見極めがいかに大切かということをしみじみ実感…。
やはりオールインワンジェルを選ぶ際には、保湿成分をはじめとする美容成分、口コミ、コスパなど、じっくり比較検証して選ぶ必要がありそうです。

 

ちなみに・・・

 

 

一番潤っていたB商品Bのオールインワンジェルの正体は、メディプラスオーダーズのメディプラスゲル

 

 

保湿力、美容成分、コスパどれもバランスが良く、おすすめできるオールインワンジェルです。

 

メディプラスゲルの口コミをチェック

 

人気のオールインワンジェル<比較表>

オールインワンジェルは成分、コスパ、肌への優しさなどを比較して納得のいくものを選びたいものですね。
それではここからは、売れ筋オールインワンジェルをピックアップし、比較表でご紹介しますので、是非商品選びの参考にしてみてくださいね。
*比較表の見方

:保湿 :美白 :低刺激 :エイジング :ニキビケア

商品名 価格

返金
保証

解約
縛り

無添加 セラミド 得意

分野

メディプラスゲル

1,898円 なし 8    

キレイデボーテ

1,990円 × なし 8   

シミウス

4,743円 なし ×   

パーフェクトワン

3.420円 3回 3  

リダーマラボ

3,887円 なし 7   

フィトリフト

4,140円 なし 4  

ビトアス

3,825円 なし  

バランシングゲル

2.363円 なし 5  

コンシダーマル

3.780円 3回 3   

葡萄樹液ジェル

2.300円 なし 7 ×   

エスティファクト

3.490円 なし 4 ×  

フロービ

3.024円 なし

ONEオールインワンクリーム

4.410円 なし 4 ×  

ローヤルゼリーもっちりジェル

3.420円 なし 6  

珠肌ランシェル

4,590円 × なし 6   

パルクレールジェル

4.980円 4回 7   

メルライン

4.980円 2回 5   

エミーノボーテ

3.880円 なし 5 ×  

ドットゼロパーフェクイトゲル

3.960円 × 4回 2 ×   

エバメール

3.780円 × なし 3 ×  

コラリッチEX

5.091円 × 3回 4 ×  

ちふれオールインワン

432円 × なし 3 ×

Dr.シーラボ

3.024円 × なし 6

 

人気のオールインワンジェル一覧<比較表>の見方について

比較表の各項目について、左の列から順に説明していきますね。

 

商品名

オールインワンジェルの商品名とパッケージです。
商品画像または品名のところをクリックすると、そのオールインワンジェルの詳細ページへとリンクします。
*一部詳細ページが準備中の商品もございます。

 

価格

オールインワンジェルの場合は1パッケージが1ヶ月分だったり2ヶ月分だったり、容量がまちまちです。
しかも初回だけダンピング(安く)していて2回目以降と落差の大きいオールインワンジェルも少なくありません!
なので比較しやすいように、定期便の2回目以降の1ヶ月あたりの価格で表示しています。

 

返金保証

◎:30日間以上の返金保証期間がある
○:7〜29日間の返金保証がある
×:返金保証がなし又は未開封の商品のみ対応

 

解約縛り

オールインワンジェルの定期コースについて、○ヶ月以上の継続など条件の有無を記載しています。
解約縛りの無いオールインワンジェルがおすすめ。
こちらは見落とすと商品購入後のトラブルになりやすい、要チェック事項です!

 

無添加

オールインワンジェルごとの添加物配合の有無を比較表記しています。
下記の主要12の成分についていくつ無添加であるかを数字で表しています。

合成界面活性剤/パラベン/フェノキシエタノール/アルコール・エタノール/合成乳化剤/香料/着色料/鉱物油/ポリマー/シリコン/動物性原料/オイルフリー

医薬部外品等については成分表示義務がないために無添加項目が公表されていません。その場合には「―(ハイフン)」で表示しています。
商品の価格やスペックについては予告なく変更される場合がありますので、必ず各商品の公式サイトで詳細をご確認ください。

 

セラミド

オールインワンジェルにセラミドが配合されているかどうかを比較表記しています。

◎:ヒトセラミドを含む良質なセラミドが3種類以上配合されている
○:ヒトセラミドを含むセラミドが1 or 2種類配合されている
△:植物性セラミド、疑似セラミドが配合されている
×:セラミドは配合されていない

*:オールインワンジェル比較にセラミドが重要な理由について。

 

得意分野

そのオールインワンジェルの得意分野をマークで表しています。

:保湿重視
:美白
:低刺激
:エイジングケア
:ニキビ予防、ニキビ跡ケア

 

備考

メーカーに確認した結果回答が得られなかった項目については「―(ハイフン)」で表示しています。
商品の価格やスペックについては予告なく変更される場合がありますので、必ず各商品の公式サイトで詳細をご確認ください。

 

おすすめオールインワンジェル比較表へ戻る

オールインワンジェル選び方のポイント

とにかく商品の数が多すぎて、魅力的な宣伝文句や口コミで溢れかえり、比較がたいへん。。
どのオールインワンジェルが良いのか解らず思考停止状態に陥りそうな…。

 

ですが、
「オールインワンジェル選びにはコツがあります」

 

押さえなければいけない比較ポイントさえ知っておけば簡単です。

 

 

どれも同じように見えますが、
実はそれぞれ個性がとても立っているのがオールインワンジェルなのです。
ここからは、オールインワンジェルの比較、選び方のポイントについてお話ししていきますね。

 

おすすめオールインワンジェル比較ランキング

 

オールインワンはセラミドで選べ!

各社、様々な美容成分をオールインワンジェルにこれでもかと配合していますが、肝心なのは

 

「セラミドです!」

 

オールインワンジェルセラミドの配合で見ると比較が簡単。
なぜセラミドが大事なのかと言いますと・・・
オールインワンジェルに限らずあらゆるスキンケア用品は
角質層までしか浸透しない」からです。

 

 

つまり、角質層に補って効果を発揮する成分以外はいくらせっせと塗りたくってもあまり意味がありません

 

その角質層に浸透して美肌へと導いてくれるのがセラミドなのです。

 

先ほどのお餅を使ったオールインワンジェル保湿力比較実験でも、セラミドが主成分の商品が一番長く保湿力を持続していましたよね。

 

アトピー性皮膚炎など肌トラブルを抱えている方の角質層には、セラミド1が極端に不足しているという最近のデータもあります。

 

 

セラミド配合で選ぶオールインワンジェルおすすめランキング

 

年代で選ぶ

 

オールインワンジェルは、比較的に20代、30代、40代・・・と年齢層に合った商品が明確に分かれています。
美白が得意な商品もあればリフトアップ、エイジング中心で人気の商品など。

 

なので、選び方を間違えるととても残念な結果に…。

 

例えばランキングの人気度だけで選び、20代の人が40代向けのオールインワンジェルを使って過剰にベタついてしまったり。
逆に、40代の人が20代向けの商品を選び乾燥してしまった…。
なんてこともあります。

 

 

オールインワンジェル選びで最も重要なのは何をさておき「自分に必要な成分」が配合されているかどうかです。
人気や口コミだけで判断してはNG。

 

具体的に、年齢別でみるおすすめオールインワンジェルの選び方をご紹介します。

 

20代のオールインワンジェル選び

女性ホルモンの分泌も盛んでお肌の潤い、調子も比較的に良い20代。
ですが、この頃のスキンケアで10年後、20年後に大きく差が開くことになります。
スキンケアをおろそかにしているとシミ、しわ、たるみの原因を今から作ってしまうことに…。

 

 

そうは言ってもまだまだ皮脂の分泌も保湿力もある20代。
ニキビも出来やすい年代なので、さっぱり系のオールインワンジェルがおすすめ。
上記オールインワンジェル比較表の中では、根強い人気のメディプラスゲルや、べたつかないリダーマラボがおすすめです。

 

30代のオールインワンジェル選び

人によっては「20代の頃とは何か違うわ…」なんて実感している方も…。
歳を重ねるにつれ、どうしても保湿力は徐々に低下していきます。
30代からは特にオールインワンジェルでしっかり潤いをキープするのがおすすめのスキンケア。

 

 

上記オールインワンジェル比較表の中では、『シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)』がおすすめ。
医薬部外品で、シミ・ソバカス対策に定評があり人気です。
また30代に根強い人気なのはトータルケア系の『メディプラスゲル』、こちらもおすすめです。

 

40代のオールインワンジェル選び

いよいよ、それまでと比較してもしっかりとしたエイジングケアが必要になってくる年代です。
お肌の老化にはとにかく乾燥が大敵、バリア機能を低下させることでシミ、しわ、たるみなど様々な肌トラブルを誘発してしまいます。

 

40代からは人気だけに惑わされずじっくり比較して、自分のお悩みに合ったオールインワンジェルを選びましょう。

 

 

この年代は水分だけでなく油分も不足しますので、セラミド配合が必須です。
目元、口元など部分的にはゲル+クリームなど、他のケア剤とコンビネーションでケアするのも効果的な使い方。

 

40代女性におすすめのオールインワンジェルは、上記オールインワンジェル比較表の中では『キレイデボーテプラセンタジュレ』。
なちゅライフの『ローヤルゼリーもっちりジェル』も保湿力高く人気でおすすめできます。

 

おすすめオールインワンジェル比較ランキングへ

 

肌質で選ぶ

 

敏感肌

少しの刺激でも敏感に反応してしまう敏感肌さんには、ライン使いのスキンケアよりもオールインワンジェルひとつでのスキンケアの方がおすすめです。
化粧水、乳液、美容液といくつものアイテムを重ね塗りすれば、その分、肌への摩擦回数が増え、肌に浸透する添加物の数も量も増えるからです。

 

 

極力お肌への接触回数を減らし負担をかけずに保湿するためには、無添加のオールインワンジェルでシンプルにケアしてあげましょう。

 

敏感肌のオールインワンジェル選び(記事を読む)

 

乾燥肌

乾燥肌だとオールインワンジェルのようなワンステップだと心細くて「充分保湿できないんじゃないかしら…」と不安になる方もいらっしゃいますが、乾燥肌こそオールインワンジェルがおすすめなのです。
ご存じない方も多いですがジェル状のスキンケア用品の保湿力はクリームや乳液タイプと比較してもとても優れています。

 

 

肌の保湿で大切なのは「肌内部から水分がなくならないようにする」こと。
セラミド配合のオールインワンジェルでスキンケアを行うと、翌朝まで肌が潤ってモッチリしているのが実感できると思います。

 

脂性肌

脂性肌の原因は遺伝的なものやホルモンバランスに起因していることもありますが、インナードライに陥っている方も多く見られます。
インナードライは肌表面はベタつきオイリー肌のように見えるのに、内部が酷く乾燥している状態。
肌のバリア機能が低下してダメージを受けることで起こります。
オイリー肌なのに乾燥ってちょっと意外ですよね。
脂性肌だとベタつきを敬遠して保湿を怠りがちですが、保湿力の高いオールインワンジェルでしっかり保湿してあげることが大切です。

 

 

油分たっぷりの乳液やクリームタイプだとベタついてしまいますので、オイルフリーのオールインワンジェルがおすすめです。

 

混合肌

混合肌の場合はスキンケア用品選びに困ってしまいがちですよね…。
乾燥肌、脂性肌いずれも保湿が大切ということをお話ししましたが、その両方を併せもっている混合肌さんにも同じことが言えます。
オールインワンジェルでしっかり保湿してあげることが大切。
ただし、ベタつかないさっぱりタイプのオールインワンジェルがおすすめです。

 

 

コスパで選ぶ

実は価格の比較をしにくいのがオールインワンジェル
なぜかというと、商品によって容量がバラバラで、1本が2ヶ月分だったり1.5ヶ月分だったり…。
更に厄介なのが単位もグラム表示ml表示に分かれています。

 

そこで上の比較表ではオールインワンジェルの価格表記を1ヶ月あたりで統一していますし、おすすめ人気ランキングでは1個あたりの価格1個あたりの目安使用期間も表示していますので参考にしてくださいね。

 

コスパNo.1のオールインワンジェルはどれ?の記事はこちら

 

悩みでオールインワンジェルを選ぶ

 

ニキビ

ニキビ肌やニキビ跡にお悩みの方にも、実はオールインワンジェルでのスキンケアはおすすめなんです。

 

 

ニキビ対策には、

  • 充分な保湿
  • 過剰な添加物を避ける
  • 抗炎症作用のある成分

などが重要で、これらの条件を満たしてくれるのがオールインワンジェルだからです。
特にニキビケアが得意な『メルライン』や『パルクレールジェル』などのオールインワンジェルがおすすめです。

 

美白

美白ケアに重点をおいて、それを推しているオールインワンジェルも多くあります。
グリチルリチン酸2Kプラセンタエキス配合のオールインワンジェルがおすすめ。

 

但し、商品が多くありますので、配合成分とその配合量をよく比較検証して効果が期待できるものを選ぶことが重要です。

 

美白重視で人気が高いのはやはりメビウス製薬の『シミウス・ホワイトニングリフトケアジェル』です。

 

美白重視のオールインワンジェル選び(記事を読む)

 

失敗しないオールインワンジェル選びの注意点

とても便利な時短アイテムのオールインワンジェルですが、人気だけで飛びつくのはおすすめしません。
ちゃんと比較して、品質のよい、そして自分に合ったアイテムを選ぶようにしましょう。
まずはオールインワンジェルを選ぶときに見ておくべき比較ポイントからご説明していきます。

 

解約条件

オールインワンジェルには定期便で割安になる商品が多くあり人気です。
定期便を選ぶのはおすすめできるのですが、中には○ヶ月以上継続が条件だったりします。

 

オールインワンジェル<定期便解約条件の例>

 

なるべく解約条件の縛りがなく(1回でもやめられる)、尚かつ万一お肌に合わなかった時のために返金保証のあるオールインワンジェルがおすすめです。

 

プッシュ or カップ?

オールインワンジェルはプッシュ式のポンプタイプとキャップをクルクル回して開けるジャータイプの2種類に分かれています。

 

 

些細なことのようですが、意外とこの「クルクル作業」が毎日の事になると煩わしかったりするもの。
忙しい女性、面倒くさがりの方にはプッシュ式のオールインワンジェルが人気でおすすめ。

 

美容成分

化粧水に乳液に美容液に、1つで何役もこなすオールインワンジェルがゆえにその美容成分は多種多様・・・。
よく「30種類以上の美容成分配合!」などと宣伝されていますが、種類を比較して数が多ければ優れているということでもありません。

 

オールインワンジェルにはコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ・・・
人気の成分が色々と配合されている訳なのですが、
肝心なのは「セラミド」です。
成分表は配合量の多い順で成分が表示されていますので、セラミドやその他保湿成分が、成分表のどのあたりに表記されているか、しっかり確認しましょう。

 

オールインワンジェル成分表示の例

 

おすすめオールインワンジェル比較ランキングへ

 

オールインワンジェルのメリット・デメリット

化粧水、乳液、美容液、クリーム・・・
商品によっては更にパックや化粧下地の役割まで担ってくれるのがオールインワンジェル
良い面ばかりだと良いのですが、それぞれ欠点はあるものです。
ここからはオールインワンジェルのメリットとデメリットを解説します。

 

オールインワンジェルのメリット

まずはどのような長所があるのかを挙げてみます。

 

時短

これは言わずもがなですね。
ちょっと面倒とも言えるライン使いのスキンケアと比較すれば、オールインワンジェル1つで済んじゃう訳ですから、手間と時間がかなり省けるのがおすすめな点です。

 

コスパ

化粧水→ン千円、乳液→ン千円、美容液→ン千円・・・
とトータルすると結構なお値段になりますよね。
それがオールインワンジェルなら、商品によってまちまちですが1ヶ月あたり1,000円〜5,000円程度で抑えられます。
中には化粧下地やマッサージクリームの機能もこなすので、比較して考えればなんと優れたコスパなんでしょうか!
頼れる時短・節約アイテムであることも人気の理由なんでしょうね。

 

選べる!<肌質別・お悩み別>

オールインワンジェルはじっくり比較してみると意外と特色が分かれています。
美白重視、乾燥肌、年齢肌、ニキビ肌、敏感肌・・・
自分のニーズや年齢、肌質に合わせて選べるのも魅力のひとつ。

 

肌への負担が少ない

ライン使いのスキンケアがお肌には良いと神話のように信じ込まれていますが、実はコレ、大きな勘違い

 

化粧水→乳液→美容液→アイクリーム・・・

 

とケア用品が多いほど肌をこする回数が増えます。
この擦るという行為がお肌にとっては密かに着実に負担になっています。

 

 

もうひとつ、スキンケア用品にはそれぞれに少なからず添加物が配合されています。
防腐剤、香料、界面活性剤、保存料・・・
アイテムを重ね塗りすればするほど、肌に塗布される添加物の種類も量も増えます。
そうすると当然、肌への負担になるし、肌トラブルを起こす要因にもなります。
ケア用品をオールインワンジェルひとつに絞ることで、肌をこする回数も、添加物との接触もライン使いと比較して大幅に減らせるのです。

 

オールインワンジェルのデメリット

まるで回し者のように(笑)良い点ばかり挙げてきましたが、オールインワンジェルにもそれなりに欠点があります。

 

保湿力への不満

やっぱりライン使いのスキンケアと比較すると、潤い感に満足がいかなかったりします。
物足りなくて化粧水をつけてから使ったり、結局、オールインワンジェルじゃないじゃん!なんて状況に陥ることも…
良質なオールインワンジェルを選ぶ選択眼が必要です。

 

ベタつき

ネックなのがベタつく商品が多いこと。
使ってみてわかったのですが、オールインワンジェルはベタつき度にもとてもバラつきがあります!
当サイトのおすすめ人気ランキングでは各商品のベタつき度も比較表示していますので参考にしてください。

 

モロモロが出る・・・

オールインワンジェルを塗っているうちにモロモロとカスのような物体が出てきちゃう問題…。
これは最近では随分改良されてきたように思います。

 

オールインワンジェルをゲル状にするためにジメチコンカルボマーといった成分が配合されているのですが、その配合量によって出てしまうと思われます。
化粧下地として使う場合は、ファンデーションとの相性なども関係してくるので注意が必要です。

 

定期便の解約条件

オールインワンジェルは、定期購入でお安くなる商品がほとんどです。
先述の通りですが、ここで気をつけないといけないのが解約縛り。
オールインワンジェルを○回以上の継続購入が条件で初回80%引きなど、値段をダンピングしている商品もあります。
条件は小さい文字でしか書かれていない商品もありますので注意が必要です。
このページのオールインワンジェル比較表おすすめ人気ランキングでは、各オールインワンジェルの解約条件の有無についても表示していますのでチェックしてみてください。

 

失敗しないオールインワンジェル選び・まとめ

忙しい女性のミカタ、オールインワンジェルについて色々とご紹介してきましたが、いかがでしょうか。
私もオールインワンジェルのみのスキンケアに変えてから3年ぐらい経ちますが、それまでと比較しても肌の調子がとても良く、安定しています。
肌荒れや乾燥し過ぎるということも無くなりました。^ ^
結論として、どのようなところを比較してオールインワンジェルを選んだら良いのかまとめてみました。

 

 

オールインワンジェル<比較ポイント>

  • 成分
  • コスパ
  • 得意分野
  • 無添加項目
  • 解約条件
  • ベタつき度
  • ポンプタイプ or ジャータイプ

 

成分

お話した通り、オールインワンジェルを選ぶ際には角質層で高い保湿能力を発揮するセラミド配合のものがおすすめ。他には皮脂膜の成分であるスクワラン、ヒアルロン酸も保湿力の高い成分です。

 

コスパ

1ヶ月分でいくらなのかを見て比較しましょう。
たとえ人気でも安価なオールインワンジェル疑似成分添加物を過剰に使っていることもありますので、成分表をチェック!

 

目的別で

しみ、シワ、たるみなどには乾燥を防ぐセラミド、ヒアルロン酸、美白にはビタミンCやプラセンタ、エイジング重視にはスクワラン配合などで選びます。

 

無添加項目

パッと見て「無添加オールインワンジェル!」って書いてあったから、と油断してはいけません、何が?いくつ?無添加なのかを確認しましょう。

 

解約条件

開封後商品の返品に対応しているか、定期便オールインワンジェルの場合は解約条件をチェックしておきましょう。

 

その他

ベタつき度を口コミやランキングの表記で確認。面倒くさがりさんはポンプタイプのオールインワンジェルがおすすめです。

 

人気のオールインワンジェル比較表を確認

 

おすすめのオールインワンジェル比較ランキング

上記のことを踏まえて、おすすめできる商品をランキング形式でご紹介します。
セラミドやその他の有効成分が配合されていて、尚かつ無添加のオールインワンジェルを中心に、本当におすすめできるものだけをご案内しています。

 

おすすめオールインワンジェル比較ランキングへ

 

PR:
今人気のホットヨガおすすめのスタジオとその効果について紹介します。

 

オールインワン比較実験!
1本でちゃんと潤うのはどれ?
オールインワンジェルの売れ筋5商品で、お餅を使って保湿力の比較実験をしてみたところ意外な結果に…
続きを読む
更新履歴